プレヌ・リュンヌ、AOC ピック・サン・ルー 2012 | Pleine Lune, AOC Pic Saint Loup 2012
  • プレヌ・リュンヌ、AOC ピック・サン・ルー 2012 | Pleine Lune, AOC Pic Saint Loup 2012
  • プレヌ・リュンヌ、AOC ピック・サン・ルー 2012 | Pleine Lune, AOC Pic Saint Loup 2012
  • プレヌ・リュンヌ、AOC ピック・サン・ルー 2012 | Pleine Lune, AOC Pic Saint Loup 2012
  • プレヌ・リュンヌ、AOC ピック・サン・ルー 2012 | Pleine Lune, AOC Pic Saint Loup 2012
  • プレヌ・リュンヌ、AOC ピック・サン・ルー 2012 | Pleine Lune, AOC Pic Saint Loup 2012

Pleine Lune, AOC Pic Saint Loup 2012プレヌ・リュンヌ、AOC ピック・サン・ルー 2012


DOMAINE BEAUTHOREY
ドメーヌ・ボートレ
定価 | ¥4,400(税抜)

在庫:◎

3つの異なるテロワールのシラーのブレンド。収量20hl/ha。10月上旬に完熟の状態で収穫。除梗も破砕もしない丸のままの房を24日間に渡り15-22度で発酵・醸し。SO2は瓶詰め時のみ2g/HL添加。


ブラックチェリーなど黒果実風味イッパイでとても濃い。とても構成がしっかりしておりやや硬さはあるが、熟成と共に素晴らしく成長する。アルコール度が13.5%ありスケールが大きいが、突出したアルコール感はない。


    生産者について


    ドメーヌ・ボートレのクリストフ・ボーと聞いても、知っている人は少ないかもしれない。しかし、彼ほど本当のワイン造りを深く理解している栽培醸造家は少ないかも知れない。1979年の秋、コトー・デュ・ラングドックの小村コルコンヌのカフェに立ち寄ったのが契機で、ここでワイン造りを始めた。30年以上ワインを造り続けているが、当初(1985年)よりビオ、1998年にはビオディナミに転換し2002年にデメテール認証を取得している。しかも南米でビオディナミによる栽培醸造技術の指導にしばしば赴いたり、ビオディナミの本を著すなど、とても広範囲な活動をしている。ボートレの所有する5haのぶどう畑は、ピック・サン・ルーのガリーグに覆われた畑にシラーやグルナッシュが植えられているが、AOCに認められていない今となっては珍しくなってしまった古い品種ウイヤード、アラモン、テレなどもたくさん存在する。混植された樹齢の古いこれらの樹から、今となっては再現できないような独特の深い味わいのワインが生まれる。人為的には生み出せない昔ながらの味わいが、ボートレーのワインを通じて体感できる。そんな、魅力がここにはある。


    商品詳細情報


    インポーター
    株式会社ラヴニール
    生産国
    フランス
    生産地方
    ラングドック・ルーション
    生産地区
    ラングドック
    ヴィンテージ
    2012
    タイプ
    赤×スティル
    容量
    ぶどう品種
    シラー