特集

2017/09/29 09:00 | wineplat

石田章洋のオレゴン修行日記 その2

関連タグ | , , , , , , ,

2017.09.14

Week1

収穫時期は天気予報がすごく大切。収穫時期に雨に降られると今までが台無しと言っていいくらい。2017年は気候のデータでいえば2013年に似ているらしい。
下の図は2017年9月の天気予報です。

私の通っているチェメケタ・コミュニティー・カレッジのワイン・キャンパスには沢山のワイナリーから寄付金が集まり建てられているので教室の名前や葡萄の列のポールにはワイナリーや寄付してくださった方の名前が刻印されています。ちなみに下の写真はどのワイナリーがいくら位寄付したかが図になっています。
アメリカは日本と違いチャリティー・オークションや寄付がとても盛んで色々な所で行われています。普通に買い物に行けばレジで○○被害にあった○○に寄付しますか?とか聞かれます。チャリティー・オークションに参加している人達はもちろん寄付が目的ですがオークションやその場を楽しみたい、楽しませたいといった空気感になっており見ている周りも楽しくなるような内容です。通常の金額よりも高い値段で買う人もいるくらい。
さて、話は今日の授業内容に戻ります。今日は生徒達が世話をしている区画からサンプルを採り、収量や房の平均の重さを調べたりしました。本当であれば3種類の違う葡萄を調べる予定だったのですが生徒が2人しかいなかったのでピノ・ノワールのクローン115のみ調べました。

ピノ・ノワール115
房の重さのデータを取る。
サンプルを採る場所には印をつけてわかるように。
記事の先頭へ