コラム

2017/10/18 09:00 | wineplat

わらびのピクルスとワイン

関連タグ | , , , , , , , ,

2017年10月16日
wineplat 編集部

ⓒ西和賀産業公社

山菜の王様ともいえる「わらび」。山菜汁や山菜そばなど和のイメージが多い中、岩手県中西部にある和賀郡西和賀町の西和賀産業公社から、ユキノチカラ西わらびのピクルスが10月7日に発売された。

西和賀町は三方を1000m級の山に囲まれた町で冬は豪雪に見舞われる。長い冬が終わり雪どけとともに芽吹きが始まり、さまざまな山菜が里山に広がる。わらびはその代表格。しかも西和賀町産のわらびは、太くて繊維が柔らかくアクが少ないのが特徴といわれている。
発売と同時に取り寄せ、さっそく白ワインと一緒に味わってみた。ワインの酸とピクルスの酸の違いが旨みとなり、後味も爽やかである。そして何より、ピクルスを作っている地方がわかり、親しみを感じながら味わえるも心を豊かにしてくれる。

ⓒ西和賀産業公社

 

記事の先頭へ