ボディガ・マラニョネス | BODEGA MARAÑONES
  • ボディガ・マラニョネス | BODEGA MARAÑONES
  • ボディガ・マラニョネス | BODEGA MARAÑONES
  • ボディガ・マラニョネス | BODEGA MARAÑONES
  • ボディガ・マラニョネス | BODEGA MARAÑONES
  • ボディガ・マラニョネス | BODEGA MARAÑONES

BODEGA MARAÑONESボディガ・マラニョネス

自信を持ってご紹介させて頂く、スペインワイン。2012年のVini Japonでも来日しましたので彼(フェルナンド・ガルシア)に直接会った方も大勢いらっ しゃると思います。Vini Japon 2008年に来日したオリヴィエ・リヴィエールに続くスペイン第二段です。  オリヴィエがリオハのパイオニアなら、フェルナンドは1990年に認定されたDO/ Vinos de Madrid(ヴィノス・デ・マドリッド)のナチュラルワインのパイオニア と言っても過言ではありません。マドリッドはご存知ヨーロッパで一番の高地にある首都。そのマドリッドから70㎞の所で高度は600 ~ 800mにおよび、 凍りつく冬と焼けつくような夏とを兼ね備えております。  1978年マドリッド生まれ。お父様は図書士と全くワイン造りとは無縁の仕事をしております。しかし毎週家族でマドリッド周辺の田舎にピクニックに出 かけるのが、ガルチア家の習慣で、フェルナンドは小さい頃から自然の中で遊ぶのが大好きで、田舎にいる方が大都会マドリッドよりも落ち着くように なったのです。それが影響してか、大学は農学部を選び、農業全般を研究しました。そして最終的に興味を持ったのがワイン。それもごく自然に足を 入れていたのです。マドリッドのラ・ビーニャというパリにもお店がある有名な酒屋さんで勤め、スペインの色んな生産者の所で働き、その間色んな生産 者を訪問しました。  彼が個人的に好きなワインはスペインのワインより、フランスワイン。ロワールやブルゴーニュが大好きで、ワインに一番重要なのは酸味とミネラル、こ れをどうやってスペインワインに取り入れるのか???いつもそればかり考えておりました。  結果彼が興味を覚えたのがビオディナミです。スペインにはあまり情報がありません。ですからフランスのサロンに出かけては自ら情報を探すのでした。 そんな中、オリヴィエ・リヴィエールと出会います。若い彼らはいつも美味しいワイン造りについて討論し合い、一歩出遅れているスペインにも新風をと 自らワインを造る事を決意。そんな彼に1つのチャンスが訪れました。弁護士のFernand Cornejo氏との出会いです。彼は15haの畑を持っております が、それは自然が好きで、あまりワイン造りに興味があった訳ではありませんでした。彼は貴族の出身で沢山の資産を持っているのです。そんなコルネ ホ氏と同じ名前のフェルナンドは意気投合。もともとフェルナンドは農業学者というタイプでとてもインテリな理論もしっかりしている常識派。生産者と紹 介されなければワイン造りをしている感じには見えません。15haある畑は全てが古い樹齢で平均60年位です。どれも素晴らしい畑です。  何故かというとこの地も例外なくフィロキセラに悩まされ、その後ブドウを植えかえ、その世代の畑なので全てが60 ~ 80年という古い畑が今も財産の ように存在しているのです。白はアルビーリョ(ARBILLO)という土着の品種のみ。赤はガルナッチャが一番多く、カリニャン・テンプラニーリョ・シラーと植 わっております。15ha畑があっても1haあたり1000 ~ 1500本しかブドウが植わっていないので、生産量はとても少ないです。  何故なら畑の周りはオリーブやブラックベリー・プラム等々色んな植物が植わっております。特に珍しいのが栗の木です。普通北スペインにしか生息し ないのですが、ここは標高800mと高くその為栗が育つのです。年間雨量も600 ~ 800㎜とワインには理想的です。ブドウ畑はいくつかに点在してお り、1つ1つが個性的。特にガルナッチャが色んな畑にあって、砂地にシリカの畑や粘土石灰質等々、畑を見学するだけで2時間もかかりました。スペ インは太陽が豊富で他の産地では太陽をいかにブドウに取り入れるかが課題ですが、ここで はいかに太陽をあてないようにするかが重要になります。北向きの畑の方が良かったり、ブドウ の枝を手で包んで太陽をブドウに当てないような努力がなされます。  そこの畑は標高1000m、大きな岩のような石が沢山合って、そこにブドウが植わっているの で自然と根が下に下に伸び、結果ミネラルがたくさん取り入れられるのです。  敷地の中に空き地があって、将来ガルナッチャを植樹するそうです。何故この品種か?との 問いに、テンプラニーリョだとここでは渋みが強すぎて固いワインになってしまい、シラーもフロー ラルなのが生まれにくい、との事。スペインも広いのです。  我々のイメージはどうしてもテンプラニーリョですが、そんなおおざっぱではないのです。彼のワ インを飲んで下さい。全て主張があり、素晴らしいアロマとミネラルでまるでフランスワインで す。こんなスペインワインも愛情があれば誕生するのです。  これからどんどん素晴らしいワインを造って貰いたい、まさにスペインの将来を背負って立つ 超期待の新人です。 (新井順子)


スペイン
地方
その他