カンティーネ・ヴァルパーネ | CANTINE VALPANE
  • カンティーネ・ヴァルパーネ | CANTINE VALPANE
  • カンティーネ・ヴァルパーネ | CANTINE VALPANE
  • カンティーネ・ヴァルパーネ | CANTINE VALPANE
  • カンティーネ・ヴァルパーネ | CANTINE VALPANE
  • カンティーネ・ヴァルパーネ | CANTINE VALPANE

CANTINE VALPANEカンティーネ・ヴァルパーネ

イタリア・ピエモンテで19世紀からワイン造りをしているArditi(アルディーティ)一族が所有するワイナリー CantineValpane。  Ozzano Monferrato(オッザーノ・モンフェラート)という街に位置し、18世紀に御先祖が広い畑を購入しブドウや他の農業を営んでおり、ワイン造りは 19世紀に入ってから始めました。その頃は馬や牛も沢山飼っており、100haもの広々とした敷地に放牧されていたのです。その時代まだ海外に輸出 するのは珍しい時に、すでにスイスやベルギーにもワインを輸出し、1898年にはフランス、ディジョンやボルドーで開催されたワインコンテストで賞を受賞 しております。  今の当主、Pietro Arditi(ピエトロ・アルディーティ)のお爺様には息子がなく、娘のお婿さんはトリノ生まれのお医者様、このワイナリーを引き継ぎませ んでした。広い敷地は管理しきれなくなり、徐々に少しずつ人に売りました。彼も最初はお父様と同じく大学は医学部に入学。勉強を進めるうちに 人間のテーマに悩み、途中で人生の方針を変え、大学を中退し、残ったお爺様の土地を彼が管理するようになったのです。1959年11月15日生ま れ、1997年より無農薬に目覚め、ビオディナミにも興味があって勉強しますが、この方法は納得しないではなかなか実践できません。とても完璧主義 なのかもしれません。  昔は100haあった敷地は今では30ha、それでも十分広いです。その中の10haがブドウ畑ですので、本当に屋敷の周りは広々としております。お客 様用のワイン展示場にはお婆様の代の古いアンティークの洋服や日常用品が並んで、まるで美術館のようです。その中に彼のプライベートワイン倉 庫があるので、ちょっと覗いたらブルゴーニュのフィリップ・パカレ氏のワインが何本も並んでおります。「彼のワインが好きなのですか?」「勿論好きだけ ど、でも彼が僕のワインを好きでお互い交換したんだ!」と。  何てラッキーなのでしょう。パカレ氏も彼のワインが大好きなようです。  その後、テイスティングルームに連れて行ってもらい、彼のワインを試飲。そのお部屋は昔の貴族の名残で重厚な重々しいお部屋で、家具も何もか もアンティークです。そこには1794年のブドウ畑の地図がありました。その時代から存在する歴史ある畑で、醸造所は大昔の石のプレス機や大昔の 地下倉庫等々、ちょっと時がとまっております。ピエトロさんと話をしているとお爺様の話がすぐに出てきます。すでに他界されてしまいましたが、きっと素 敵な方だったのでしょうね。最初はお父様のように医師を目指したけど、最終的にはお爺様のような道を選んだのですから…。彼の仕事ぶりは本当に 丁寧です。例えばワインをテイスティングする時も全部のグラスをリンスして、1つ1つグラスを変えます。我々の訪問には本当に入念な準備があった事 でしょう。血液型を聞いたらA型だったのでやけに納得です。ピエトロのワインは実は1度だけ日本に輸入されましたが、もう今はその会社とも取り引き がありません。彼の性格の様に几帳面で真面目で優しいワイン、是非沢山の方に飲んで頂ければと思います。 (新井順子)


イタリア
地方
ピエモンテ