カンティーネ・マドンナ・デレ・グラッツィエ | CANTINE MADONNA DELLE GRAZIE
  • カンティーネ・マドンナ・デレ・グラッツィエ | CANTINE MADONNA DELLE GRAZIE
  • カンティーネ・マドンナ・デレ・グラッツィエ | CANTINE MADONNA DELLE GRAZIE
  • カンティーネ・マドンナ・デレ・グラッツィエ | CANTINE MADONNA DELLE GRAZIE
  • カンティーネ・マドンナ・デレ・グラッツィエ | CANTINE MADONNA DELLE GRAZIE
  • カンティーネ・マドンナ・デレ・グラッツィエ | CANTINE MADONNA DELLE GRAZIE

CANTINE MADONNA DELLE GRAZIEカンティーネ・マドンナ・デレ・グラッツィエ

イタリアの中でも南の産地の新しい生産者のご紹介です。  州の47%が山地、45%が丘陵地であるバジリカータ州、そこに位置するDOC Aglianico del Vulture(アルアニコ・デル・ヴルトゥーレ)ではAglianico 種から作る赤ワインが認定されております。もともとギリシア原産のブドウで、紀元前にElleniecum種に由来されているとの事。ギリシア=hellenicを意 味するイタリア語ellenicoが転化したものだそうです。この品種は恐らくDOCGのカンパーニャ州のTaurasi(タウラージ)では聞いたことがあると思います が、日常的に試飲されている方はなかなか多くはありません。  2013年5月に訪問した時にDOCGに昇格したと聞きました。今回3つの赤ワインは全てアリアニコ種の赤ワインですが、醸造方法・ヴィンテージが違 います。是非これを機会に召し上がって頂けましたらと思います。  さてもともとお爺様の代から農業を営み、その頃から無農薬を実践しておりました。正確にはケミカルなものを使用する必要のないワイン産地なので す。お父様の代から少しづつ近所の人に売る程度のワイン作りを始めましたが、まだ本格的ではありませんでした。そして31歳の時Paoloがワイン作り を本格化しようと決意!  2002 ~ 2007年にいくつかのイタリアのワイナリーで修業、最後はNew Zealandにまでワイン研修に行きました。帰国後、御父さんに頼み銀行に大 きなお金を借りて、一気にモダンなワイナリーを建築。住んでいる敷地内に建てたのです。とってもイタリアらしくモダンな建物。お兄様が設計士なので 全て彼に設計して貰ったそうです。  これは現地に行ってみないと…イタリアの南には明るくない私の胸を弾ませての訪問です。パリから飛行機でBariまで向かい、そこから車です。同じ 南でもナポリから東に200㎞位のアドリア海側の町です。畑に向かうとお父様がしっかりトラクターで畑を耕しておりました。アリアニコは寒暖の差が激し く、火山性土壌を好みます。出来れば標高の高い所で…。写真でもご理解頂けると思いますが、土地がしっかり重たく、この土壌・気候から生まれ た黒ブドウはタンニンとポリフェノールをたっぷり含んだ長期熟成型のワインになります。色もしっかりと濃く、実は晩熟型。収穫時期を聞いたら何と白で 9月、赤は10月だそうで…イタリアも本当にいろんな品種があって楽しいですね。  さてまだまだ若いPaoloが一生懸命作ったワイン。ワイン作りの情熱は誰にも負けません。情報がなかなか南伊だと入ってこないので、私の畑も見た い!とサンプルを持ってわざわざフランスまで今年来てくれました。うちの畑から色々学んだようです。  そして嬉しい事に忙しい時期の訪問で、わざわざお酢の散布も手伝ってくれました。有難いですね~…同じ生産者なのでその辺はアウンの呼吸で 良く分かってくれるのです。  イタリアもBIOワインのブームが広がり、遅れている南にも旋風を巻き起こし始めたばかりでこれから益々楽しみです。 (新井順子)


イタリア
地方
その他