ラ・マリオーザ | LA MALIOSA
  • ラ・マリオーザ | LA MALIOSA
  • ラ・マリオーザ | LA MALIOSA
  • ラ・マリオーザ | LA MALIOSA
  • ラ・マリオーザ | LA MALIOSA
  • ラ・マリオーザ | LA MALIOSA

LA MALIOSAラ・マリオーザ

壮大な自然にロレンツォ氏が加わって、イタリア自然派最高峰へ! 「ロレンツォ・コリーノ」 自然農法のヨーロッパの権威。環境保全農学者の最高エキスパート。 学者というと研究所に篭りがちのイメージだが、 自分自身もピエモンテでカーゼ・コリーニという蔵元でワイン造りをしている実践派の学者。 オーナーのアントネッラとの出会いは、人づて。 アントネッラが、講演中の忙しいロレンツォに電話をしたそうだが、その時は冷たく断られてしまった。 しかし縁あって、ロレンツォがマリオーザ農園で一番高い丘からの景色を見た際に 「この景観を、自分の経験で救う手伝いをしよう。」と心に決めたそうだ。 「アントネッラ・マヌリ」 女性オーナーで、ミラノの実業家。 金融業界から家業のホテル経営に携わり、イタリア有数のリゾートホテルの社長に就任。 ホテル業で長年暮らしてきた、愛するマレンマの自然が危機に瀕している事に気付いた。 農業に従事している人々があまりにも無関心のため、 「自分がやるしかない。」と、使命感にかられ、広大な農園をより自然な方法で作り変える事を決意。 なんと家業を辞めたのだ!! 自らが惚れ込んだ、マレンマの環境と景観を守るため、たった1人で立ち上がった! ~ラ・マリオーザのワイン~ 【栽培】 無農薬、無化学肥料は当然。さらに深い思慮、哲学が息づいている。 1.ぶどうを植えるが、景観は決して壊さない。 2.縦1列にぶどうを植える事はしない。通常収穫効率を上げるためにキレイに1列に植える事が多いが、  起伏に沿って、同じ高さを左右にうねりながら植えていく。  そうすることで段々畑になり、そこにオリーブの木を植えていく。 3.畑の上下により品質は、もちろん変わってきてしまう。  そこで五角形の「アルベレッロ」という植樹法を用いる。 4.同一品種タイプで畑を作らない。  例えばサンジョヴェーゼでも、粒の大小や果皮の色の違いなど、様々なビオディポがある。  それらを混ぜながら植えていく。 【醸造】 1.収穫後のぶどうは、すぐに潰さず3日ほど寝かせる。  簡単に言うと肉の熟成と同じとのこと。  寝かせる事で落ち着く他、数日間放置する事で果皮にある酵母が発酵準備を始める。 2.果実はほとんど潰さない。  こうすることで、長い醸しを行っても嫌な苦味が出ず、複雑さを感じつつも、  完璧なフレッシュな果実味が出る。 3.発酵は温度管理なしのセメントタンクで1ヶ月。全て自然にお任せ。人の介入を極力無くす。  その後、セメントタンク、バリック、大樽などで約1年間熟成をさせる。 4.原則的にSO2は無添加。ごく稀に、必要最小限を加える事がある。 ~ロレンツォ・コリーノが惚れたマレンマの土地~ マレンマの土地は、他のトスカーナのエリアに比べて工業地帯がなく自然は保たれている。 その理由は大きく2つ! <マラリア> マレンマの沿岸部はマラリアが頻繁に発生していた場所。 初夏から秋までの数ヶ月は沿岸部から内陸まで、人々は移住を余儀なくされていた。 この移住はマラリアが完全に撲滅される1950年代まで続き、産業の発展にも大きく影響があった。 <大土地所有制> もう一つ大きな歴史的な要因として、大土地所有制。 マレンマはシエナへの穀倉庫としての位置づけにあり、戦後まで大土地所有制が続いていた。 マレンマには、同じトスカーナのキャンティエリアのような、 貴族が農園を持ってワイン作りの伝統を育んで来たという長いワイン作りの歴史はないのです。 貴族が住むような豪華な館の周りを囲む「絵に描いたような、 作られた美しい農園」がマレンマに見られないのは歴史的背景も大きい。


イタリア
地方
トスカーナ