クロス・レンティスクス | CLOS LENTISCUS
  • クロス・レンティスクス | CLOS LENTISCUS
  • クロス・レンティスクス | CLOS LENTISCUS
  • クロス・レンティスクス | CLOS LENTISCUS
  • クロス・レンティスクス | CLOS LENTISCUS
  • クロス・レンティスクス | CLOS LENTISCUS

CLOS LENTISCUSクロス・レンティスクス

世界No1&3つ星レストランでオンリスト! こんな泡が、あったでしょうか!? 品種は主に土着のチャレロ、チャレロ・ベルメイ、スモイ、カリニェナ、マルバシア・デ・シッチェス、シラー。 たった、5000ケースの生産量です。(泡60%、スティル40%)、  1、莫大なエネルギーある「ガラフ※裏面に」の地で、丹念なBIO栽培。  2、野生酵母のみで醸造、瓶内二次発酵も野生酵母。  3、動瓶は全て手作業。思いを込めて1つ1つ丁寧に。  4、全てのワインが、So2完全無添加。 だから、この地のブドウ、彼のブドウが持つ美味しさが、ドッサリそのまま詰まっています! 自然派に敏感なプロフェッショナルから、ワインファンまで、 一口含むと、ビビッとくる感動に溢れた、今まで見つからなかった泡。 その証拠に、「ノーマ」を抑え、2015年に 世界No1レストランとなった3つ星の「セイエル・デ・カン・ロカ」や 「アルザック」、「マルティン・ベラサテギ」など 世界トップがクロス・レンティスクスを見出し、オンリストしています! 〜クロス・レンティスクスのワインは、何故ウマ味が強いのか!?〜 ⚫クロス・レンティスクスは、カバではありません。 ところで、レコルタン・マニピュラン(自社でぶどう栽培〜醸造まで行う)のカバ生産者は、 全体(約280社)の1割(約30社)のみと言われています。 質より量を重視する大量生産のカバが多い中で、【量よりも質】を重視する生産者は非常に珍しいのです。 ⚫「別格の泡造りには、カバのDOもエリアも関係ないっ!」 ペネデスの海沿い東部に、「ガラフ」といわれる白い石灰の岩塊の自然公園があり、 この地で代々ぶどう栽培を続けてきました。 3代目の兄弟マネルとジョアンは、自社ぶどうでこだわりのワイン造りをしようと 01年からクロス・レンティスクスを立ち上げました。 17年間、珍しい自然なカバ造りの経験をもとに、 カバを超えるこのエリアに最適の品種を植えて、ワイン造りをスタート! ⚫だから、莫大な旨味! この土地は、化石が多く見つかる土壌で、石灰質を非常に多く含み、緩やかな斜面に畑があることから 海風の影響も受けるため、別格のぶどうが生まれます。それを、前ページのような造りにより、 クロス・レンティスクスのワインからは、 歴史を感じる莫大なミネラルのウマ味をギューッと感じることができます。


スペイン
地方
カスティーリャ・イ・レオン州