カルボーネ | CARBONE
  • カルボーネ | CARBONE
  • カルボーネ | CARBONE
  • カルボーネ | CARBONE
  • カルボーネ | CARBONE
  • カルボーネ | CARBONE

CARBONEカルボーネ

サラ・カルボーネはバジリカータ州で驚嘆すべきワインの数々を産み出しています。彼女の一家は1974年以来、10ヘクタールの自社畑でブドウを栽培していますが、サラとルーカが元詰めを始めたのは2005年になってからで、それまではDOCアリアニコ・デル・ヴルトゥレの有名生産者であるパテルノステルにブドウを売っていたのです。ブドウは、ヴルトレ山を取り囲むように広がるチョコレート色をした火山性土壌で栽培されていて、フルボディの赤ワインを産むアリアーニコと、白ブドウのフィアーノが、最高の品質で育てられています。栽培に関しては有機認証を取得していて、対処・予防のために仕様するのは銅と硫黄のみです。火山性土壌は基本的に肥沃なため、必要なときに限り、ときおり緑肥を使っています。天候の推移にあわせて、必要があれば葉を取り除いたり、選定を行ったりしています。ブドウ以外にカルボーネのワインに入っているのは、銅、硫黄、畑での観察と手仕事です。今では畑の面積が18ヘクタールまで増え、そのうち8ヘクタールにアリアーニコ、フィアーノ、モスカートが新たに植樹されています。平均年産本数は35,000本です。


イタリア
地方
その他